キトサンを利用した機能性コーティング剤の開発

当社の研究開発室では天然物を利用した機能性コーティング剤の開発を主テーマとしています。中でも、鳥取県境港市で大量に廃棄されるカニ殻から得られるキトサンは、 保湿性、カチオン荷電性、 抗菌性、 重金属吸着性、耐溶剤性、造膜性など多様な優れた性質を持っていることと、反応性に富んでいることから、機能性コーティング剤への利用は最重要テーマのひとつと考えています。

「キチン・キトサンとは」 ‥‥‥ カニ殻等の主要な構成物質であるキチンは、N-アセチル-D-グルコサミンがβ-(1,4)-結合した多糖類で、同じような化学構造を持つセルロースと比べると産業的な利用は遅れており、最後の未利用生物資源(バイオマス)ともいわれています。キチンを脱アセチル化するとキトサンが得られます。 キチンが通常溶媒に溶解しないのに対し、 キトサンは薄い酸の溶液に溶けるため、産業的な利用はキトサンのほうが有利と考えられています。

自社製品:キトサン含有機能性内装塗材

キトサン含有内装用新塗材キトサンエイト

キトサン含有内装用新塗材「キトサンエイト®」は天然由来のキトサンの有する抗菌性・抗ウイルス性、調湿性、 シックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒドとの反応性等の優れた特性を生かしながら、 従来の漆喰系内装塗材の弱点であるアンモニアの吸着除去性と防かび性を強化した8の特色を持つ全く新しい天然系内装塗材です。

自社製品:キトサン含有木工用前処理剤

木工用静電塗装前処理剤OSカイト#100

木工塗装の場合、静電塗装の塗着効率はその含水率に大きく左右され、特に冬場の乾燥時10%以下になると、静電塗装がほぼ不可能になるといわれています。OSカイト#100は乾燥時でも木材の静電塗着効率を大幅にアップさせる、画期的な前処理材です。

木工塗装用前処理剤OSカイト#200

OSカイト#200は、カニ殻から抽出される天然高分子キチンを化学処理したキトサンをベースとした、全く新しい木工用前処理材です。従来、着色工程で問題となっている吸い込みムラ、着色ムラを効果的に防止する事ができます。

自社製品:キトサン含有機能性クリヤーニス

内装用・木工用コーディング剤OSカイト#300

OSカイトNo.300にはキトサンのほかに、環境に対し安全で強力な新しい抗カビ剤も添加されており、従来の内装用塗材とは比較にならないほどの、安心安全な居住空間を提供することが可能となりました。

トップに戻る 研究開発リストその2